ネコとゴルフと模型にカメラ

プロフィール

ikuppy

Author:ikuppy
なんとも支離滅裂なお題であるが・・・至ってノーマルなオジサンのプライベートな日常である(^_^)/



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



初めての写真 1968年 関西本線 加太越え

kabuto-003.jpg

はじめて写真を撮ったのは、たしか小学校4年生のころである。
親父さんは蒸気機関車が好きで、当時大阪近辺でまだSLの走っていた福知山線沿線の川西市に引っ越したのだわ。毎日C57が牽く客車列車で通勤し、日曜日には川西池田駅に行って撮影しておった。で、小学生の管理人も散歩がてらいっしょについて行ったのである。

そのうちに親父さんがカメラを買ってくれ、いっしょに撮影に連れて行くようになった。
カメラと言っても、なんというか、一応カメラなのだが、もちろん一眼レフではなく「フル マニュアル」。絞りはF4ぐらいで、シャッターも機械式 1/250までしか切れない。

それでも「カメラを持ってる」ことがうれしくて、休日になると親父さんについて行ったものである。
フィルムも小遣いでは買えないので親父さんに買ってもらい、「ここまで来たらな、一回だけ撮るんやで」などと、無駄遣いしないように一発必中なのであった。

今回は、その最初のころの写真を紹介。
フィルムでは残っていなく、アルバムに張っていた写真をスキャンしたので、元の写真以上に荒れておるのだが、まあお許しくだされ。

撮影場所は、関西本線、柘植~加太 通称「加太越え」
デゴイチ D51が前と後ろに着く貨物列車が急こう配を登ってゆく難所なのである。






kabuto-009.jpg


これがたぶん最初の写真。
手前には親父さんが写っておるな。


kabuto-010.jpg

続けて2枚目。
「一回で撮るんやで」の忠告を早くも忘れておるのだ(^_^)/


kabuto-011.jpg

柘植駅を出発する貨物列車。
なんだか、雨が降ってるような天気だが・・・ただ曇ってるだけ。
なんせ、フィルムが富士のネオパンSS ASA100 シャッタースピード1/125でF4がぎりぎりなのである。


kabuto-012.jpg

小学生が1/125で手振れしないはずもなく、ピントも合いにくく、なんともブレブレなのだが。


kabuto-015.jpg

晴れると、ちょっとはメリハリのある写真になるな。
右端のは、次男。まだ幼稚園か?

このころ(昭和40年代)は、このように線路際や駅構内でホームから降りようが、自由気ままなのであった。といっても駅員さんに「写真撮るんで~よろしく!」と声はかけてるので。


kabuto-021.jpg

柘植から加太トンネルに向かう大カーブ
この先に・・・

kabuto-019.jpg

加太トンネルがあり、ここが分水嶺となっている。


kabuto-013.jpg

こちらは加太側の大築堤。有名な撮影地である。


kabuto-028.jpg

大築堤からしばらく上ると中在家信号場。


kabuto-029.jpg

ディーゼルカーならこんなに引き付けて、いい構図で撮れるのにね。
蒸機だと舞い上がってしまうのね)^o^(


kabuto-025.jpg

スイッチバック式の信号場 
これは、なかなかの構図ですな(^_^)/

この後、全国で蒸気機関車が次々と消えてゆく中、ここはかなり遅くまでデゴイチが走っていた。そのため今でいう「撮り鉄」たちが沿線に群がってきたため、この中在家信号場も立ち入り禁止となり、こんな写真は撮れなくなってしまったのであった。

まあ、今も昔もマナーの問題はあったわけやね。

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する