FC2ブログ
ネコとゴルフと模型にカメラ

プロフィール

ikuppy

Author:ikuppy
なんとも支離滅裂なお題であるが・・・至ってノーマルなオジサンのプライベートな日常である(^_^)/



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の練習 ~備忘録として~

160903_003_20180724120420b8b.jpg

最近の練習内容をスマホにメモっていたのであるが・・・
こちらにも載せておこう。

備忘録であるな。
(写真はおまけ  ベイのユニフォームであるな(^_^)/ )




【小さなスイング】
4-8時 インパクトで左ひざが伸びない。
      右腰を下げる→アンダースローの恰好
      パターと同じように、アップライトに肩を回してスイングする。
      →ヘッドを思った以上に外に上げる感じでちょうどいい

3-9時 インパクトで左かかとに乗ってフィニッシュへ。
      乗ったままではなく、少し戻るイメージ。
      →腕や腰を戻すより、浮いたかかとを定位置に戻す感じで自然体。楽チン♪
      バックビューはまっすぐ立つのではなく、状態が傾いた少し「くの字」

小さなスイングで、インパクト前後の体の動きを覚えるのが大事。
ボディターンで、ボールがまっすぐ出ているか?
当てにいく、インパクトで緩む、腕や手首で調整するのはいけません!

≪スピンをかけたいとき≫
フェースを少し開き、その分アドレスを左向き。
スイングはいつも通りで、インパクトの後ヘッドを引く動作を大きめに。
「コマを回すとき、ひもを引く」イメージで。

【大きなスイング】
トップで左肩が入る→背中をターゲット方向に向けるイメージ(実際にはそこまでよう回れんけど・・・)
腰から捻転。
インパクトでおへそをターゲット方向に付き出す。でもボールは見ておく。
インパクトでは、常に「アンダースロー」
そのままフィニッシュまでおへそを出すイメージで!

フォロー  左腕を伸ばし、レフトスタンドホームランの方向に振りぬく。
       腕を上げようとしない。
       アドレスの前傾に合わせたスイングだと、自然にフォローは高く抜ける。
       左ひじが抜けるとチキンウィングで×

フィニッシュ 左かかとに体重が乗っている
        右ひざが左ひざの後ろに付く 
        腰がしっかり回り、おへそがターゲット方向
        右肩がたターゲット方向に出る
        ヘッドは一旦頭より前まで回る
        バックビューは、前傾に合わせた「くの字」→ドライバーはほぼまっすぐ立つ

なんだかんだといっても、一番意識するのは『フィニッシュの姿勢』
しっかり振り切って、フィニッシュが取れたら、少々左右にぶれてもOBにはなりませんわ(^_^)/


【ドローとフェードの打ち分け】
ドローは、バックスイングを気持ちインサイドに上げて、インパクトで右かかとが上がらないように我慢して、耐えて振りぬく!

フェードは、気持ちオープンスタンス、アップライトに上げて腰から早めにインパクト、右足はあまり意識せずに、同じく振りぬく!

どちらも、躊躇せずに振りぬく。
当てにいったり、腕や手首でこねたら、弩フック・弩スライスになりますわ。

【パンチショットとスティンガーショット】
クウォーター(2-10時)のふり幅。
インパクトでしっかりおへそをターゲット方向に向け、ボディターンとリストターンのタイミングを合わせて、シャフト・ヘッドをターゲット方向に投げ出すイメージ。
飛距離は多少落ちるが、ライン出しがしやすい。
左足下がりのライや、ディボットに入った場合にも使えそう。

スティンガーショットは、ボールを1個分右に置いて、アドレスを少し開き、低い球をイメージしてパンチショット。
ドライバーなど、ティーショットで使えるとGood♪


・・・・・・・・

4月以降(だったかな?)多いときで週一ペースのレッスンを受けながら、習ったことをまとめてみたのであるな。
「スイングのイメージは人それぞれやから、自分なりのイメージをつかんでや」というのが、K村プロのレッスン方針であるわ。
というわけで、管理人なりのイメージを備忘録として書き出したものである。

イメージは出てきたのであるが、はてさてこれをコースで再現できるかどうか?

真夏のクラブチャンピオンシップで発揮できればいいのだが・・・

(^。^)y-.。o○

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する