ネコとゴルフと模型にカメラ

プロフィール

ikuppy

Author:ikuppy
なんとも支離滅裂なお題であるが・・・至ってノーマルなオジサンのプライベートな日常である(^_^)/



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



男たちの遠足 その3 ~松阪CC~

151018_001.jpg

さて、痛快な一夜が明けた早朝。
昨日以上の青空のもと、男たちは、寝ぼけまなこのまま、松阪CCに向かったのであった。

ホテルから15分ほど。
市街地ともいえる場所であるが、樹木でセパレートされた、美しいコースが広がっているのである。
大阪にもこんなところがあればいいのだが・・・
(^_^)/




151018_004.jpg

グリーンの緑が、二日酔いの眼にまぶしいのであるわ)^o^(


151018_007.jpg

本日は、4人そろって記念撮影である。
さて、いよいよラウンドであるな。


松阪1番

1番 375y Par4 HC13
まっすぐなミドルホールからスタートである。
ドライバー、引っかけて左斜面へ。前下がりラフから4Uでレイアップして、90y PWが花丸♪♪
ピン横3m、スライスが惜しくもかすめて、2パットのボギー。



松阪2番

2番 344y Par4 HC11
上りで狭そうなミドル。
ドライバー 続けてひっかけ。斜面から4Uがトップ。上り90y、PWが捕まって左へ。ラフからの20yランニングが5mオーバー。
下りパットが、またもかすめて2パットのダボ。おいしい金を外す(-_-;)


松阪3番

3番 125y Par3 HC17
8Iがしっかり当って、手前に乗る。15mのロングパットを 「感じを出して・・・」 50cmオーバーに寄せ、パー♪♪


松阪4番

4番 462y Par5 HC9
ドライバー ようやくまっすぐぅ~♪ 4Uもオッケ~♪ 165yで3Wがトップゴロ・・・右手前バンカーへ。
50yあるので、AWで打つもトップして奥の斜面へ。打ち直した後探したら、何とかセーフ。
なんだけど、小枝に引っかかって止まっていて、これを触ると玉が動くので、そのまま「えいっやぁ!」と打ち込んだら、とりあえず乗りましたわ(^_^)/
2パットで納めてダボであるな。


松阪5番

5番 396y Par4 HC3
谷越えの長めのミドル。
ドライバー 花丸~~♪♪ 3Wもオッケェ~♪♪ 70y上り AWがいつものように上がりすぎて、短く手前に乗る。
15mパットを「気分を出して・・・」 1mに寄せて2パットボギー。

なが~~いパットは、結構寄るんだけど、入れごろのが、入らんのだ・・・


松阪6番

6番 372y Par4 HC7
ドライバー まっすぐぅ~♪ 3wがこすり気味だけど花道へ。50yウェッジで、ピンハイに付けるも・・・
下り2mが打ちきれず、2パット。
やはり、入れごろが入らん!(ー_ー)!!


6番セカンド

6番、セカンド付近である。


7番

7番 568y Par5 HC1
右ドッグレックのロング。正面にはキャディさんが立っていて、「アウト or セーフ」の旗を出してくれるのである。

ドライバー OK 白旗が上がる。3WもOK♪ 100yから9Iが右へ出て、バンカーから5mに寄せるも、はいらず2パット。


151018_019.jpg

セカンド付近の3人であるな。


151018_020.jpg

澄み渡るような青空であるわ♪


松坂8番

8番 173y Par3 HC15
3W こすりを恐れて左向いたらそのまままっすぐバンカーへ。出して乗せて2パットのボギーであった。


9番ティー

9番ティーである。
前の進行が遅れているので、フォアキャディさんが付いてくれる。
打った途端に、「はい、右のあの木の下当たり」 「はい、前の人より10yほど前です」

すごいのである。
打音で、落ちどころがわかるのであるな。


松阪9番

9番 360y Par4 HC5
ドライバーはフェード。上り3WがOK♪ 上り80y PWが、ダフって届かず。ウェッジで3mに寄せるも・・・
カップにけられて2パットのダボ・・・
(-_-メ) (-_-メ) (-_-メ)

前半は、最後まで「入れごろパット」が決まらず、ず~~~っと2パット。
それでもなんとか、47で上がる。
(^_^)v


151018_025.jpg

ランチタイムであるな。
竹ちゃん、お疲れなのか、さすがにビール抜きである(*^_^*)


151018_026.jpg

管理人は「エビフリャァ~」をいただく。


151018_027.jpg

日差しは暑く、半袖でも汗かくくらいであるな。


松坂10番

さて、後半戦である。

10番 373y Par4 HC14
休憩明けは、ひっかけやすいので、ここでS-Yard。これがど真ん中~~OK♪♪
3WもOKで、20y エッジからピンが近いので、ウェッジを開いてロブショット、これが決まって1.5mに寄せるも・・・
左へひっかけ入らず・・・
(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

ええい!入らんのだ!!!


11番

11番 342y Par4 HC12
ドライバー ひっかけて左ラフへ。前下がり左下がりの、やらしいライから4Uでフェアウェイに戻す。
80y AWがシャンク! 前上がりラフからウェッジで4m奥に乗せるも、スライスが入らずダボ(T_T)


12番

12番 542y Par5 HC4
セカンドから打ちおろしのロング。ここも旗を持ったキャディさんが見てくれる。

ドライバー、またもひっかけ。3Wもひっかけて、左下がり4Uがトップ、次はようやくOKで、40yからウェッジが左に出て乗ったけど、上って下りのライン、惜しくもかすめて2パットの連続ダボ。


13番 447y Par4 HC2
連続ダボのためか、写真撮り忘れ((+_+))
ドライバーOKで、3Wがスライスしてバンカーへ。遠いので52°で打つも出ただけ。4オンしたものの、またも2パットで、3連続ダボ。切れかかる・・・_│ ̄│○


14番

14番 135y Par3 HC16
6Uで軽めに打つも上がり過ぎてバンカーへ。出して4m上りを決めきれず、またも2パットのボギー。

ううううううううう・・・・・
ぱっとがぱっとがぱっとが・・・・・



15番

15番 479y Par5 HC10
うちおろし、フェアウェイ真ん中に、またも旗持ったキャディさんが・・・


15番ティー

ティーグランドである。

15番セカンド

セカンド付近で旗を振るキャディさんであるな。

R9で思いっきり振って「白旗」OK♪♪
5W OKで、2回目が右に出でバンカーへ。ウェッジで打つも出ただけで、ラフから4~8時ショットがトップして4mオーバー。
ここで、下りスライスの金パットをようやく沈める(^_^)/
でも、ダボなんですけど~~~


しかし、この1打から、管理人の怒涛のパットが決まりだしたのである(^_^)v



16番

16番 349y Par4 HC8
さて、上がり3ホールである。管理人の課題なのである。
昨日と同じく、ここまで来たら、パー狙いで攻めていくのであるな。

ドライバー、フェードでOK。左上がりで6Uが花丸ショット♪♪ 50y ウェッジでべたピンに寄せ、下りスライスの1mを慎重に読んで入れて、寄せワンのパー♪♪


16番グリーン

16番のグリーンである。


17番

17番 165y Par3 HC18
5Wがちょい右に出て乗らなかったけど、ウェッジで2mに寄せ・・・
これを入れて、連続寄せワンのパー(^_^)v(^_^)v


151018_040.jpg

つぎの18番までは、かなり走るので、またもキャディさんが運転してくれる。
お池を渡ってしばらくいくと・・・


151018_042.jpg

ようやく18番のティーに到着。


18番

18番 362y Par4 HC6
カメラの設定を間違えたようで、なにやらキラキラしておるが・・・

ドライバー トップながらなんとかフェアウェイへ。 3Wがココイチの当たりで、残り70y上り、AWでしっかりヒットするも、しっかり過ぎて奥にこぼす。エッジから下りスライス10m、読み通りに転がったものの、ちょっと強く、カップをかすめ2mオーバー。
しかし、これを入れ返して、寄せワンボギー♪♪

3連続パー・・・とはいかなかったものの、4連続1パットで締めくくり、後半も47。


151018松阪スコア

上がってみれば、94 ♪♪
ようやく、あの「大和高原」のベストスコアに並ぶ。

・・・長かった・・・・

入れごろのパットが入らず、イラッと続きであったが・・・耐えたのであるな(^_^)v
それが、「怒涛の4連続1パット」になったのであろう。
やはり、ゴルフは、メンタルなスポーツであるわ(^_^)/


151018_048.jpg

さて、楽しいひと時も終わり、帰り道に着く男たちである。
いつものPAで、小腹をいやすことに。


151018_047.jpg

「松阪牛 肉うどん」をいただく。
○○○円!
「うまい!」・・・ということにしておこう。

こうして、男たちの遠足は、終わったのである。

帰り道の車の中では・・・・
「今度は、どこいこか?」
「ふぐがええかな?」
などと、もうすっかり、次回の「遠足」を楽しみにする、男たちなのであった。


(^。^)y-.。o○

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する