ネコとゴルフと模型にカメラ

プロフィール

ikuppy

Author:ikuppy
なんとも支離滅裂なお題であるが・・・至ってノーマルなオジサンのプライベートな日常である(^_^)/



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



叡山電鉄 ~紅葉の中を・・・~

141115_009.jpg

さて、叡電。
「撮り鉄」であるな。

最近、風景は撮りに行くのだが、鉄道はちょっとご無沙汰であったのだ。
行きたいなぁ・・・と思うところはいろいろあるのだが、どうも出不精になっておったわ。
ということで、ひっさびさに早起きして鞍馬に向かったのは、前回の紹介のとおりであるが・・・

これは、定番の貴船口の鉄橋。
東側の広場には、撮り鉄さんたちが数人、でかいカメラを構えておったのだが、管理人は反対側の谷側に降りての撮影である。

紅葉の色つきはまだまだであったが、ピクチャーコントロールの「アゲアゲビビット」設定を駆使して、ハデハデの感じに撮ってみたのであるが・・・(^_^)v


 


141115_011.jpg

紅葉は少ないけど、その少ない紅葉を狙って、思いっきり見上げた構図で。



141115_023.jpg

貴船口の有名写真は、この場所から下がってワイドに撮った感じ。
・・・と、管理人の後ろに、キャノンの長玉だろうか白いでっかいレンズを付けた若者が構えていたので、「ここ、大丈夫か?邪魔にならん??」と声をかけると、「いいですよ♪」と、ボソッとお返事。おとなしい鉄ちゃんであるな。


141115_017.jpg

小滝の流れとともに。
SS 1/10まで落として、水も電車も流してみる。


141115_021.jpg

同じ場所から、10mmワイドで。


141115_019.jpg

夕暮れのような感じであるが、加工したのではなく、露出補正を間違えてー2にしたままであったのだ。
おもしろいので、そのままアップする。


141115_028.jpg

紅葉のまにまに・・・


141115_030.jpg

葉っぱに合わせて後ろボケで。


141115_033.jpg

貴船口の南側。
赤い欄干の橋のあるところにも、撮り鉄たちがたむろ。さっきのキャノン長玉の若者も構えておるわ。
で、ちょっと回り込んだ空地の木陰から狙ってみる。


141115_040.jpg

これは、橋を渡ったところの、木立のすきまから。


141115_043.jpg

鳥居のあるお社の裏手は民家の庭なのだが、そこに咲いてた背の高い薄紫の花が気になって、なんとかがんばって入れてみた。

次の電車を待っていると、なにやら人影が・・・
さっきの若者である。「なんか、変わったところから狙ってるおっちゃん」が気になったのだろうか?(~o~)
会釈すると、まあちょこっと返してくるのであるが、やはり鉄ちゃんはシャイなのであるな)^o^(




141115_046.jpg

もうすこしアップにしたいのだが、近寄れないのじゃ(^_^)v


141115_048.jpg

ちょっと角度を変えて、ぎりぎりまで寄ってみた。



141115_062.jpg

二ノ瀬の集落から山に入る道。


141115_066.jpg

警報機のある踏切から、S字カーブを望む。
こちらは、向かってくる電車。


141115_068.jpg

こちらは鞍馬行。
通過した後、ちょっと踏切そばまで入って撮ってみる。


141115_078.jpg

小さな鳥居のあるところ。



141115_088.jpg

二ノ瀬から市原方向にある有名な鉄橋。
紅葉のトンネルの入り口であるな。
ここにも、撮り鉄さんがズラリと・・・


141115_087.jpg

まあ、これが定番かな?
18-105の21mmであったが、ここは10-24で思いっきりワイドにしたら良かったかも・・・


141115_085.jpg

ドアップにしてみる。


141115_090.jpg

また、後ろボケに挑戦。


141115_094.jpg

二ノ瀬駅の看板。
なんかいい感じであるな。


141115_096.jpg

待合室の窓から。


141115_106.jpg

二軒茶屋まで移動して、のどかな田園を走る きらら。


ちょっと早めであったが、これで退散。
それにしても、電車が来たとき、一瞬晴れるか、雲がかかるか、写真はタイミングであるな。
叡電は、上下15分に1本なので余裕であるが、一日数本のローカル線なら、ヒヤヒヤもんであるわ。

ということで、久々の撮り鉄は、まずまず堪能できたようであった。

帰って、写真の整理をしてから・・・
「このや」で一杯♪♪

(^。^)y-.。o○

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する